ホームに戻る 手押しカンナページに戻る

Robland 手押/自動カンナ盤兼用機  (NXSD)




(特徴)
■1台で、手押カンナ盤と自動カンナ盤両方の機能を備え、作業
 場所に制限がある方には最適です。 
■ヨーロッパでは、手押/自動カンナ盤が大変普及しています。
■ヨーロッパの木工機械は安全、集塵機能を大変重視しています。
■インダクションモータにより作業騒音が静かで、快適な木工が
 できます。
■手押カンナ盤のフェンスは、アルマイト処理で1300mmの長さが
  あり、特に端面切削の材料保持がしっかりできます。また、
  フェンスのスィーベル保持機構で、フェンスと定盤の隙間なしに
  セッティングできます。
■モーターイザ―(別売り)を取り付けることができ、ダボ用の横穴
  を開けることができます。
   (手押カンナ盤)
モータ 三相200-230V, 5HP(S6), 単相200-230V仕様も可
刃数 3
最大切削幅 310mm
最大切削深さ 4mm
テーブル長さ 1400mm
フェンス 150×1300mm
   (自動カンナ盤)
テーブル寸法 430×310mm
最大切削材厚さ 230mm
最大切削深さ 4mm
カッターヘッド径 70mm
重量 280kg

お客様(プロの木工家の方)の声
日本では何故か普及しなかったのですが、ヨーロッパでは定番木工機械の一つの様です。
少し大げさですが、「目から鱗」ものです。


棒状の材料の木口に正確に穴を開けるのは、木工の中でもで頭を悩ます加工の一つです。

横軸のボーリングマシンがあれば別ですが、通常はハンドドリルで慎重に開けるか、
冶具を作ってルーターで開ける等になります。しかし、なかなか思った様な精度は得られないものです。
その様な加工が高精度に簡単に出来るのが「モータイザー」です。

別名「木口加工機」と呼ばれているように、「木口」「木端」の様々な加工が高精度で安全に行えます。
安全さの理由は、標準で装備されている強力なホールドダウンクランプによるものです。
この機械を使う有効な加工は、「框のダボ組」「ルーズテノンの穴加工」等があり、
特に、ホゾの代わりにダボやルーズテノンにすることにより、角度の付いた継ぎ手加工が
簡単かつ正確に出来ます
具体的には、「引き出し等の引き手の堀込み加工」「二枚丁番の座グリ加工」等があげられます。
これら以外にもルーターを駆使すれば可能だけど手間が掛かる加工が、簡単、高精度に可能になります。
その最大の理由は、材料を定盤に高さ位置を正確に固定出来、尚且つ、前後左右にスライド出来、
それぞれにストッパーが設定出来るようになっているということです。




商      品 品 番 価 格(税込)
Robland 手押/自動カンナ盤 (三相) NXSD 570,000円
Robland 手押/自動カンナ盤 (単相) NXSD 590,000円
       (アクセサリ)
テルサカッターブロック 59,000円
自動カンナ用目盛付きハンドホィール 49,000円
モータイザ―ユニット 129,000円
ホィールセット 59,000円
※上記アクセサリの価格は機械本体と同時の購入の場合の価格です。





当社の許可なく当ホームページの内容(画像も含む)を転載することを禁じます。