配送について
             

重量物に関しては、全国に路線網を持つ運送会社の多くは、B to C(業者〜一般の消費者)
の扱いは積極的ではありません。また、多くの場合受付も行っていないのが実情です。
最大の
問題点が、配達トラックからいかに貨物を降ろすか、
ということになります。路線便の場合、
基本的に車上渡しが原則となります。


今まで、特別な費用なしにリフト付きトラックでの配送を運送会社にお願いできておりましたが、
運送会社の持ち出しがかなりの金額になるとのことで、2018年1月より、リフト付きトラックでの
配送希望の場合、送料とは別に、18360円(税込)当方に請求されることになり、大変恐縮ですが
その分お客様にご負担お願いすることとなりました(埼玉の倉庫から送る場合のみ)。
また、一部の配達地域においてはこの金額を大幅に超えた費用が発生する場合があり、その
場合は実費をご請求させていただきます。


(実施事項)
おおよそ100kgくらいまでの重量の貨物は、必ず、お客様と運転手で協力してトラックから降ろして
いただくようお願いします。配達時のリフト付きトラックの依頼は行いません。

おおよそ150kgを超える重量の貨物の場合、配達場所にフォークリフトがない場合、リフト付きトラック
を運送会社に依頼します。お見積依頼の段階で、
お客様指定の配達場所でのフォークリフト、乃至は
他の荷役装置で荷降ろしの対応ができる場合はお知らせください。その場合、リフト付きトラックの
依頼を行なわないとともに、お見積りの送料から18360円引かせていただきます。

尚、運送会社の業務範囲は、トラックが入れるところで、トラック横に貨物を
降ろすまでとなります。移動、設置等はお客様で行って頂く必要があります。
トラックを降ろしてからの移動、設置方法に関してはご相談いただければいろいろ提案させて
いただきます。

(営業所止め)
荷物を運ぶトラックなどがある場合、営業所止めをご検討ください。営業所止めで受け取る場合、
荷物を時間かけて降ろすことができます。勿論、営業所(ターミナル)での積載はフォークリフトで
行ってもらえます。

以上、よろしくご理解のほどお願いいたします。