ホームへ戻る

横軸ボール盤 (木口加工機)  LLB 200 & LLB 300L

棒状の材料の木口に正確に穴を開けるのは、木工の中でもで頭を悩ます加工の一つです。

横軸のボーリングマシンがあれば別ですが、通常はハンドドリルで慎重に開けるか、冶具を作ってルーターで開ける等になります。しかし、なかなか思った様な精度は得られないものです。
その様な加工が高精度に簡単に出来るのが「
横軸ボール盤」です。

別名「木口加工機」と呼ばれているように、「木口」「木端」の様々な加工が高精度で安全に行えます。安全さの理由は、標準で装備されている強力なホールドダウンクランプによるものです。
この機械を使う有効な加工は、「框のダボ組」「ルーズテノンの穴加工」等があり、特に、ホゾの代わりにダボやルーズテノンにすることにより、角度の付いた継ぎ手加工が簡単かつ正確に出来ます.具体的には、「引き出し等の引き手の堀込み加工」「二枚丁番の座グリ加工」等があげられます。
これら以外にもルーターを駆使すれば可能だけど手間が掛かる加工が、簡単、高精度に可能になります。その最大の理由は、材料を定盤に高さ位置を正確に固定出来、尚且つ、前後左右にスライド出来、それぞれにストッパーが設定出来るようになっているということです。
※この動画は、横軸ボール盤の使用一般のデモ用の為、販売されているものとは仕様等で一致しておりません。


木工房クラフソン主宰の谷口清人氏にお話頂く”知らなきゃ損!?横軸ボール盤の知られざる魅力!!”こちらからご覧頂けます。
第1回 モータイザーって何?
 第2回モータイザーの有用性 第3回モータイザーの活用

LLB 200
LLB 300L
 画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。
      
 画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。
(LLB 200)
モーター 三相200V, 50/60Hz, 2.2kw
乃至は単相200V, 50/60Hz, 2.2kw
ストローク(横方向) 220mm
ストローク(垂直方向) 160mm
ストローク(深さ) 160mm
テーブル 550×270mm
チャック 16mm
重量 150kg

(特徴)
■プロ仕様の機械にもかかわらず、価格的には大変魅力の一台。
■材料の硬材にも十分耐えうる仕様。
(LLB 300L)
モーター 三相200V, 50/60Hz, 2.2kw 乃至は、
単相200V, 50/60Hz,2.2kw
ストローク(横方向) 240mm
ストローク(垂直方向) 160mm
ストローク(深さ) 180mm
テーブル 600×320mm
チャック 20mm
重量 246kg

(特徴)
リネアガイダンスシステムの採用により切削精度が大変高い。
■ダブルボールベアリングで、CNCマシーンのようなスムーズ
 なモーター(刃物)移動が可能。

             (ボアラスターアタッチメント)
(説明)
4種類 (16mm, 20mm, 22mm, 25mm)の等間隔の溝加工ができます。また、その移動もボーデンケーブルのクラッチ操作によって簡単にできます。


LLB200印刷用カタログはこちら

         (バーティカルルーターアタッチメント)

(説明)
ルーターアタッチメントを取り付けることで、精度の高いオーバーヘッド
ルーターに早変わりできます。
商     品 品 番 価 格(税込)
横軸ボール盤 LLB 200 459,000円
横軸ボール盤 LLB 300L 589,000円
ボアラスターアタッチメント for LLB 200 A200255 79,000円
ボアラスターアタッチメント for LLB 300L A300255 79,000円
バーティカルルーターアタッチメント(ダプティルガイド付き) A250325 89,000円
モータイザービット6本セット(6mm,8mm,10mm,12mm,14mm
16mm,)
A950010 21,000円


モーターをVガイドウェー(別売り)に取り付けた様子です。